プライバシーを守って安全に稼ごう

チャットレディのイメージで一番危険だと思われるのは、身元などが相手に知られてしまうことではないでしょうか。

チャットレディ最大の危険、身バレのルートを考える

まずお伝えしたいのが、チャットの映像だけで身元や住所がバレる可能性はほぼ無いということです。
身元や住所がバレてしまうルートとして「会話が弾んだ結果つい自分のことが特定しやすい場所などを話してしまった」とか「SNSのアカウントを教えてしまった」など、ついうっかり話してしまった事から特定につながることが多いのです。
「仲良くなってしまったから、このくらいなら教えても大丈夫かな?」と安易に考えていると困った事になり易い為、仕事とプライベートをきっちり分けておくのが良いでしょう。

安全にチャットレディに取り組むため事前回答を用意しよう

つい話してしまいそうだな、と心配な方は仕事を始める前に箇条書きでよいので前もって「聞かれたときにこう答えるリスト」を作っておくのをオススメします。
例えば、
良くいく料理屋さんは?と聞かれたら、どこにでもあるチェーン店を答える。
よく遊びに行く場所は?と聞かれたら、有名な場所を答える。
…など、あまり場所が特定しずらい答えをあらかじめ用意しておくのが良いでしょう。
チャットレディというお仕事は、自身でしっかり気をつけていれば危険な目にあうリスクを回避できますので、多少手間でも用意しておくのが良いとおもいます。